市川市の小学生向けの英語塾をご紹介!

英語教育の早期化に伴って小学校から英語の授業が本格的に導入されるようになりました。そのため小さいうちから英語を習わせようと考える保護者が増えています。市川市周辺で小学生向けの英語塾を探している方に、市川にあるいくつかの塾の特徴について紹介していきます。

【東進こども英語塾市川教室】

東進といえば進学塾として有名な塾のひとつで、英語教育に特化した英語塾も開設しています。それが市川にある東進こども英語塾であり、市川以外にも支店もいくつかあります。主に幼児、小学生を対象とした英会話スクールとなっています。まず小学生で英語に触れるのが初めてというお子さんの場合、フォニックスを身に付けることに重点を置いています。フォニックスとは、英語圏の子供のために19世紀頃に考案された英語の音と文字を結びつけるためのルールのことを言います。このフォニックスを十分理解しないことが、日本人が英語を習得できない理由のひとつとして考えられているのです。そこで市川にある東進こども英語塾市川教室では、フォニックスを習得することを先決としており、そのおかげで初めて見る英単語でも読むことができるようになるのです。併せて単語の習得もすすめていくのですが、毎月ごとに一冊の本が教材として渡されます。その本には習った単語しか書かれていませんので、自分で読めるお子さんがほとんどです。一つのことができるようになるとそれが子供の自信にもつながり、どんどん英語を学ぶ楽しさや遣り甲斐を見出せるようになるのです。英語を他の場所で習っていた、帰国子女向けのコースも開講していますが、基本的にレッスンの進め方は初心者向け—コースとほぼ同じです。

【栄光ゼミナール】

テレビCMでもおなじみの栄光ゼミナールという塾でも、英語のレッスンが受けられます。市川にも栄光ゼミナールがあります。今までの日本の英語教育では、本当に使える英語を習得することが難しかったのが現状です。そこで栄光ゼミナール市川校では、今までの英語教育の中心であった「読む」、「書く」に加えて「聞く」「話す」の技能を身に付けることに重点を置くようにしています。この英語の技能を習得するのは時間がかかりますが、小学生から始めることによって英語に慣れておくと、中学や高校に進学しても英語に対して苦手意識を少なくできるのです。市川にある栄光ゼミナールの英語塾では日本人教師が読む力と聞く力を身に付けるstory、ボキャブラリーと正しい発音を身に付けるためのchant、英語のルールについて学ぶgrammarの3つのパートに分けて技能をバランスよく指導するように努めているのです。Storyでは毎月一冊の本を読み内容を理解できるように指導していきます。単語を知らなくても理解しやすいように絵本を使いますので、初心者のお子さんでも安心です。またネイティブの発音を覚えさせますので、読む力と聞く力を養えます。日本人はgrammarが得意だと昔から言われてきましたが、まだ中学の英語教育は文法中心であることがほとんどです。Grammarも併せて学ぶことで中学英語の理解を深められるのです。

【市川にあるKidsBrown】

KidsBrown英語教室市川も小学生を対象とした英語塾のひとつになります。市川にあるKidsBrownでは幼児から中学生まで一貫した授業を提供しており、トータルで9年間目標に向かって英語の学習をすすめられるようになっています。市川にあるKidsBrownでは最大で8名の集団授業を実施しているのですが、集団授業にすることで周りの生徒から良い刺激を受けられるのです。また一人一人の生徒に合わせて最適な英語学習プログラムを考案してくれますので、授業についていけないという悩みを解消できるようになっています。授業中では大型のタッチスクリーンやタブレットといったデジタル教材をふんだんに使って、子どもが楽しみながら英語を学べるような環境作りに努めています。単純な暗記による反復学習ではなく、ストーリーの中から単語や発音、文法などを学べるカリキュラムになっています。